カードローン借り換え比較

カードローン借り換え比較【タイプ別で申し込み先が必ず見つかる!】

MENU
RSS

カードローン借り換え比較ガイド!タイプ別で申し込み先を見つけよう!

一番重要視することは何?カードローンはタイプ別に選ぶ!

カードローン借り換えを比較する際にはどのカードローンが自分に適しているのか、一番自分が重要視することは何なのかを念頭に置きながら検討をするかと思います。人によって重要視する条件というのは違ってきますが、以下のいずれかのタイプに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

 

・とにかく急いでお金が必要
・アルバイトやパートでも審査に通る
・とにかく低金利でお金を借りたい
・多額の借入が必要
・無利息期間のあるローンを選びたい
・在籍確認が不安な場合
・土日祝日だけど今日中にお金を借りたい

 

では、これらのタイプ別でどういったカードローンが向いているのか?それぞれタイプ別でカードローン借り換え比較のカリカエルを参考にみてみましょう。

 

とにかく急いでお金が必要

今日中にお金が必要、という場合に便利なのは即日融資のカードローンです。最短で申込をしたその日のうちにお金を借りることができます。しかしとにかく急いでお金が必要、という方の場合には、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。なぜ大手消費者金融なのか?といいますと、やはり審査の早さです。

 

即日融資が可能なカードローンといっても、その審査時間は各社それぞれで異なります。審査時間が「最短30分」のところもあれば、「最短即日」と何分かかるかはわからないものもあるのです。大手消費者金融の場合、ほとんどが審査時間は最短30分としています。

 

しかし、ほんとうに30分なんて早さで借りることができるのか?と疑問に思う方もいるでしょう。これについては口コミサイトをみてください。実際30分の早さで借りることのできた利用者の口コミをみることができます。もちろん審査にかかる時間はひとそれぞれで異なりますし、みんなが最短の時間で借りられるわけではありませんが、大手消費者金融の場合、平均的にみても数時間程度で借りられている方が多いようです。

 

対して銀行カードローンは…となりますと、確かに即日融資可能なところも増えていて金利も低いし魅力的ですが、金利が低い分、審査は慎重で時間のかかる傾向にあります。また、審査自体も銀行と保証会社との二重審査になりますので、その審査の構造的にも時間がかかるのです。

 

またそれだけではありません。例えば即日融資の場合、その多くは振込融資となります。しかし振込融資のデメリットは、銀行の営業時間がタイムリミットであるという点です。「振込」という銀行のシステムにのっとっているため、銀行が閉店する15時までに振込の手続きをしてもらえなければ即日でのお金の受取ができなくなってしまいます。

 

大手消費者金融ならば、銀行の振込時間を過ぎてしまっていても自動契約機ですぐにローンカードの発行ができます。自動契約機の営業時間は各会社ごとで違いますが、プロミスやアコムなどは22:00まで営業しています。
(※店舗によっても異なりますので詳しくは公式サイトをご覧ください。)

 

そのため、即日融資可能な時間が他よりも長くなっているのです。こうした様々な理由により、とにかく急いでお金が必要、という場合には大手消費者金融がおすすめなのです。

 

アルバイトやパートでも審査に通る

カードローンは、正社員でなければ利用できないわけではありません。アルバイトやパートの方であっても、利用は可能です。利用条件として必須なのは基本的に、「安定した一定の収入があること」です。消費者金融系はもちろんのこと、銀行カードローンでも利用条件を満たしていれば申込は可能です。

 

ただし、注意したいのが勤続年数です。カードローンの審査で勤続年数は重要な項目です。勤続年数は長ければ長いほど評価が高くなります。勤続年数が短いとすぐに離職や転職をしてしまったりして無収入になる可能性がある、つまり、返済できなくなる可能性もあると考えられてしまうのです。そのため、一般的に勤続年数は1年以上、最低でも半年程度は必要だと言われています。

 

また総量規制も注意が必要です。消費者金融など貸金業者からの借入の場合、総量規制によって借りられる額は年収の3分の1までとなってしまいます。アルバイトやパートの方の場合には借りられる額も考えなくてはなりません。総量規制の影響を受けないのが銀行カードローンですが、銀行カードローンは申込は可能なものの審査はやや厳しい傾向にあります。

 

アルバイトやパートの方は審査に不安持っている方が多いです。もし不安なようでしたら、審査が銀行よりも柔軟な消費者金融のほうが借りやすいかもしれません。

 

とにかく低金利でお金を借りたい

とにかくお金を借りるなら余計な金利は支払いたくない!と低金利なカードローンを希望するのであれば、やはり銀行カードローンがおすすめです。一般的な消費者金融の金利水準が4.5%〜18.0%程度なのに対し、銀行カードローンの金利水準は各銀行でかなり開きはあるものの4%〜15%程度のところが多くなっています。

 

小額の借入であれば多少の金利差があってもそれほど利息額に差がでませんが、高額の借入や長期の借入となりますと少しの金利差が大きく影響してきます。ただし、金利が低いということは、その分審査が厳しくなるということでもあります。とにかく低金利で借りたいからと、金利の低さだけでカードローンを選ぶのは少し待ってください。

 

審査が厳しくても通る自信があるのであればいいですが、そうではない場合にはまず口コミサイトで情報を収集しましょう。申込をしようとしているカードローンの審査は厳しいのかどうか?口コミの数は利用者の多さを表しています。銀行カードローンも全てが同じ審査基準ではありませんから、金利が低い中でも比較的審査が厳しくないところを狙ってみるといいかもしれません。

 

またもしも今回限りの利用で短期の利用というのであれば、「低金利」ではありませんが「無利息」を狙うという手もあります。プロミスやアコムなどは消費者金融ですが、はじめての利用の方ですと30日間の無利息期間があります。少しでも支払う利息を減らすというなら、こうしたサービスを利用してみるのもいいかもしれませんよ。

 

多額の借入が必要

まとまった資金が必要、多額の借入が必要な場合には、やはり低金利で高額融資可能な銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンは金利の低いところが多いだけでなく、最高限度額が高く設定されているものが多いです。また、消費者金融のように総量規制の影響を受けませんので、借入額に年収による法的な制限がありませんから多額の借入が必要な場合にもおすすめなのです。

 

消費者金融の場合、総量規制によって50万円以上の借入は収入証明書の提出が必要となります。銀行カードローンの場合には各銀行ごとの設定額となっており、その設定額は100万円以上の場合やなかには300万円以上の場合などかなり高額まで収入証明書なしで借りることができるようになっています。こうした点からも、銀行カードローンは多額の借入に向いていると言えるのです。

 

また、もしも多額の借入が何かの目的のための借入で、借入まで時間的余裕があるという場合には多目的ローンを利用するというのもひとつの手かもしれません。他目的ローンというのはフリーローンなどとも呼ばれる銀行のローン商品です。多目的ローンも比較的使い道は自由なのですが、決定的な違いは繰り返し借入ができるかできないか、という点です。

 

カードローンというのは、利用限度枠内で何度でも返済と借入が繰り返しできるという便利なローンです。一方、多目的ローンはといいますと、マイカーローンや住宅ローンなど一般的なローン商品同様に一度融資を一括で受けたらあとは返済して行くだけ、追加融資を受けたい場合にはあらためて金銭消費貸借契約を結ばなければならない一回きりのローンなのです。

 

便利さでいくとカードローンのほうが断然便利ではあるのですが、お金を借りる目的がブライダルや旅行資金など決まった目的の為に利用するのであれば、多目的ローンはカードローンよりも低金利なものが多いですし、検討してみる余地はあるかもしれません。

 

在籍確認が不安な場合

カードローンの審査に在籍確認は必須です。申込書に記載した勤務先に本当に勤めているのか?その勤務実態の裏付けとなるからです。しかし、職場でもしも自分が借金をしようとしていることがバレたら…と不安な方は多いと思います。そんな在籍確認が不安な場合におすすめなのが、モビットのカードローンです。

 

モビットは大手の消費者金融です。審査の際、もちろん在籍確認はあるのですが、WEB完結という申込方法を選択しますと在籍確認が電話ではなく「勤め先を確認できる書類」の提出で行うことができるのです。このWEB完結というのは、申込から利用まで全ての手続きがWEB上で完結するというもので、「電話連絡なし・郵送物なし」というのがウリになっています。

 

【電話連絡なし】

・勤め先確認は書類の提出で行い、電話では行いません。
・審査結果のお知らせなどモビットからの連絡はメールのみ。

 

【郵送物なし】

・契約書などはネットで交付。
・融資方法が振込融資のためローンカードの発行自体がなく、郵送もなし。

 

すべてがWEB上で手続きできるのであれば、職場に借入がバレてしまうということはありません。利用には条件がありますが、もしも条件を満たしているのであればこのモビットのWEB完結申込はかなりおすすめです。

 

土日祝日だけど今日中にお金を借りたい

土日祝日だけど今日中にお金を借りたいという方は、注意が必要です。それは、普通に即日融資のカードローンを選ぶだけでは借りられない可能性があるからです。土日祝日にまず注意しなくてはならないのは、融資方法です。即日融資の場合、融資方法は振込融資のところが多くなります。しかし銀行振込は土日祝日になりますと翌営業日の入金となってしまいます。その場合その日中にお金を借りられなくなってしまいます。

 

土日祝日にお金を借りたいのであれば、自動契約機のある大手消費者金融を選びましょう。自動契約機の営業時間は、各会社・各店舗でも異なりますが、一般的には平日と変わらないような営業時間になっているところが多いようです。自動契約機ならローンカードの即日発行が受けられますからその日中にお金を借りることができます。

 

また、他にも特定の銀行の口座を持っていれば24時間振込融資が可能なサービスのあるカードローンもあります。大手消費者金融のプロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座ですと24時間最短10秒で振込融資が可能な「瞬フリ」というサービスがあります。こうしたところを利用すれば、土日祝日でもその日中にお金を借りることが可能です。

 

ただし、ここで注意していただきたいのが在籍確認です。土日祝日となりますと、自分の会社が休みで在籍確認がとれない、という事態が考えられます。モビットのWEB完結申込ですと在籍確認は書類で行えますが、あちらは振込融資対応のキャッシングなので土日祝日にお金を受け取るのは難しいです。

 

プロミスなど一部の会社では、土日など電話での在籍確認が難しい場合に代替手段として書類での在籍確認ができる可能性があるようですが、こちらは公式サイトに明記してあるわけではありませんので確実かどうかはわかりません。土日祝日にもしも在籍確認でお困りの際は、一度カードローン会社に電話で問い合わせるなどして聞いてみた方が確実かもしれません。